名古屋市の歯科医院 竹内歯科医院 名古屋市中村区名駅2-28-3



インプラント治療 > 本当のインプラント治療はこれだ

本当のインプラント治療はこれだ

はじめに

平成24年の現在、我が国でインプラント治療は大変普及し、多くの歯科医院や歯科大学病院でも行われるようになっています。インプラント治療は、従来の入れ歯にはない利点や長所があり、その恩恵を享受されている患者さんが増えてはいますが、他方ではそれに伴うトラブルや苦情件数も増加しているという報道もされています。

私がインプラント治療の研修を受けるために、仲間の歯科医師とドイツ(当時西ドイツ)を訪れた1988年当時、日本ではどの歯科大学・歯科病院でもインンプラント治療は全く行われておらず、それどころかインプラント治療そのものを疑問視、あるいは反対する風潮すらあったのが実情です。

現在世界的に承認されているインプラントは、スウェーデンのブロンネマルク教授によって開発され、1960年に初めて臨床応用されたものが起源となっています。これはチタン製の顎の骨と強固に結合するタイプ【オッセオインテグレイションと呼ばれる】のもので、欧米では、その後、と共に、各国の研究機関によって基礎研究がなされ、手術技法や移植技術が格段に進歩してゆくと共に、医療メーカーによるインプラントに必要な材料、医療器具の開発が進められました。我が国では、21世紀に入りようやく歯科大学や学会で認知されるようになり、インンプラント治療に関するの研究や治療が行われるようになりました。

インプラント治療は、今後ますます普及することが予想されますが、顎骨への外科手術を伴うものであり、確実に咬合機能を回復するためには、高度な診断と技術が要求されることに変わりはありません。そして適切な診断と技術のもとに行われれば、インプラント治療によって、異物感や違和感のない、自分の歯に匹敵する機能回復を達成することができる反面、まだまだ課題もかかえているのです。

インプラントに興味と関心をお持ちの方は、(1)全ての症例でインプラントが可能と言うわけではないこと、(2)インプラントは天然の歯とは異なるメカニズムをもっていること、などを認識いておくことも非常に重要だと言えるでしょう。そしてインプラント治療を受けたのなら(3)インプラントは歯周病(インプラント周囲炎)になる可能性があり、その予防対策に患者さまと医療担当者の双方が全力をあげる必要があることを認識する必要があるのです。

インプラント治療を原則通り行えば、残りの患者さま自身の歯を長持ちするのにも貢献するものです。自分の歯とインプラントを共に口腔内で長期安定的に維持するためには、メインテナンスが重要になってくることを、十分理解して頂きたいと考えています。


竹内歯科医院
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3OAピル5F
052-561-4048

Copyright (c) Takeuchi Dental Clinic All Rights Reserved.