名古屋市の歯科医院 竹内歯科医院 名古屋市中村区名駅2-28-3



抜歯しない矯正治療 > 抜歯しないでデコボコを治した例 フレンケル装置の活用例(1)

抜歯しないでデコボコを治した例 フレンケル装置の活用例(1)

もし患者さんが小学生の時に歯並びの悪いことに気がついて来院されたなら、フレンケル装置とよばれる器具を一定期間装着することによって、顎の骨の成長・拡大させることが可能です。そして将来歯を抜かないで矯正治療によって歯並びを改善することが可能なのです。

フレンケル装置とは旧東ドイツのロルフ・フレンケル教授(ブラウン病院歯科主任教授)によよって1950年代に開発された、独特の矯正装置です。本来の名称はファンクショナル・レギュレータと呼ばれ、1980年代にイギリスからアメリカに紹介され、多くの臨床試験によりその有効性が証明され、欧米の矯正学会で高く評価されています。

私どもの歯科医院で初めてこの装置を使ったのが1997年で、それが下に示す症例です。当初正直に言って半信半疑でしたが、14ヶ月就寝時にフレンケル装置を装着して貰ったところ、下顎の歯並びがほぼ完全に治っていたのです。その余りの劇的効果にビックリしたものです。






竹内歯科医院
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-28-3OAピル5F
052-561-4048

Copyright (c) Takeuchi Dental Clinic All Rights Reserved.